ニセモノの自然素材について

TVや雑誌などで、自然素材の良さが宣伝されるにつれて、例えば無垢材を使用したフローリングを採用する住宅会社が増えてきました。

ところが、この無垢のフローリングに、ウレタン塗料を塗っている会社も多く見られます。

ninatural1

ウレタン塗料自体は、国が定めた基準のF☆☆☆☆をクリアしたものがほとんどなので、大抵の人には影響が少ないと考えられています。厚い塗膜が無垢材をコーティングしますから、傷つきにくくなるという理由で採用しているようです。

ちなみに、このF☆☆☆☆というのは、建材がホルムアルデヒドと言う化学物質を出してしまう量が、一番少ないグレードのものにつけられる等級です。このグレードの建材は、建築に使う量を制限されません。だから、多くの人には安全ということになっています。

しかし、ものは言いようで、実際F☆☆☆☆以下のものは、使用が制限されているわけですから、そういう風に言われると、危険性を含むと感じる人も多いでしょう。

適切ではないことはあえて承知で例えると、F☆☆☆☆の建材をたくさん使う事は、「直ちに健康に影響があるものではない」といった感じでしょうか。

大抵の人には影響がなくとも、人体に有害なトルエン・キシレンといった溶剤を含んでいるため、シックハウス症候群などの敏感な人には、あっという間に反応が出てしまいます。

また、シックハウス症候群の原因になると考えられている有毒化学物質は、60種類以上にもわたりますが、このF☆☆☆☆の基準は、そのなかのたった2種類にしか適応されません。

ですから、極端な話ですが、ホルムアルデヒドは基準値以下なのに、残りの58種類の有害化学物質が出ている、そんな建材でも、基準さえ通ればF☆☆☆☆のグレードが認定されてしまうのです。

ninatural12

最近、自然素材ということで珪藻土の壁を採用している会社さんが多いような気がします。珪藻土は藻類の一種である珪藻の殻の化石よりなる堆積物(堆積岩)からできています。建材としては、昔からその高い保温性と程よい吸湿性を生かして壁土に使われて来ました。ところが、珪藻土だけでは塗れません。そこで石灰やアクリル系接着剤を混ぜて使用されています。
要するに、珪藻土といっても、建材になると化学物質を含んでいることが多いわけです。
これって本当の自然素材とは言えないのではないのでしょうか。

結局、自然素材は自分自身の目や肌で触れてみて、その空間に身を置いてみるのが一番確かな方法です。

私たちは、自然素材に興味を持ったら、いろんな自然素材を実際に触れに行くことをお勧めしています。そうして初めて、ニセモノの自然素材と本物の自然素材の区別がつくと言うものです。

これまでの仕上げ材は、床材に塗料を塗ることで無垢材を傷つけにくくしたり、接着剤で柔らかい壁の強度を強くしたりしていました。要するに、きれいで長持ちが目的だったわけですが、そうすることで、自然素材独自の特徴である保温効果や調湿効果、除菌効果などが減少したり無くなってしまったことも事実です。これでは、皆様方が、自然素材にこだわるとすれば、これまでの材料や仕上工法を一考しなければいけないと思います。

例えば、無垢の板と、塗料を塗った板とを冷蔵庫に入れて、冷え方を比べてみれば、違いがよく分かります。塗料を塗った板はいつまでも冷たく残ります。冬場に素足でいられない家は、このような塗料を塗ったものを床材に用いてしまうからです。

私たちは、床材に関しては、徹底して国産の無垢の床材をお勧めしています。例えばパイン材のような外国材は、丸太で輸入される場合、日射と雨風にさらしっぱなしの長い船旅の間、生木を腐食やカビから守るために薬剤の使用が不可欠です。

更に丸太に関しては防虫処理が義務付けされているため、比較的価格が安いこともあって日本でも多く使われていますが、健康に良い素材と言う観点から見ると、せっかく無垢材を使いながら、その材料として薬漬けになっている材木を選んでいることに、私たちは疑問を感じます。

壁材に関しても、珪藻土にせよ、漆喰にせよ、その中に混入している施工性のための材料にも関心を持って頂き、情報収集をすることをお薦めします。

当社では、上記の材料のほかに、「琉球の塗り壁」を使用することで、本当の自然素材として皆様方にお薦めができるようになりました。「琉球の塗り壁」は本当の自然素材のところで詳しくご説明いたします。

家は呼吸するもの。杉や檜など自然のままの無垢材を用いたり、自然素材の塗り壁材等を使用した建築は、木材に反りが出たり、木材がすいたり、壁にクラックが入るなど、多少のリスクも考えておかねばなりません。そういうものを気にする方にはお勧めすることはできませんが、健康に良い住まいを作ることを研究してきました結果、本当の自然素材をお薦めすることにいたしました。