集成材って知っていますか?

「自然素材」を考える上で、「集成材」という素材のことも知っておかなければいけません。

一般的に「自然素材」といわれている「木」は無垢材です。
しかし、集成材も、自然の木材(無垢材)から出来上がっています。
ですから、「自然素材の家」でも、集成材は使われています。

「それはどういうこと?」と疑問を持たれますよね。

difference1

集成材とは、
合板やベニヤのように、本物の木をスライスし、木目を縦横に接着剤で張り合わせたものや、薄くカットした木材を接着剤で張り合わせたものを、集成材といいます。
一見すると木のように見えるため、「無垢材とどこが違うの?」と思う人もいるでしょう。

まず、自然素材「無垢材」の利点をいろいろと上げてみましょう。

無垢材とは、一本の原木から直接必要な寸法に切り出した木材をいいます。木の本来の質感、風合いという面で魅力があり、当然のことながら化学物質を使っていないので自然素材としても注目されています。

そして天然の木を使った木材は、製材してからも呼吸を続けています。このため、木が持つ調湿性や脱臭性、遠赤外線効果によって、夏涼しく冬暖かい、一年を通して快適な住まいが実現します。断熱性能は、コンクリートの約2倍とも言われているほどです。集成材のように接着剤を使用していないので、化学物質によるシックハウスやアレルギーの心配も不要です。

なにより、無垢材だけが持つ、木のあたたかさややわらかさ、そして、体と心を癒してくれる健康効果は、本物の自然素材の家だけが持つ魅力でしょう。

無垢材の強度は伐採時よりも乾燥させた後の方が強くなります。例えば檜に関しては、伐採されてから200年以上経ってから強度のピークを迎えると言われています。それから緩やかに強度が下降していくのです。

京都にある法隆寺は 建立されてから1000年以上も経っていますが、ようやく伐採時当時の強度まで落ちてきたと言われています。

以上、自然素材「無垢材」は、良いところが沢山あります。

では、集成材を考えてみましょう。

集成材は「強度が優れている」と言われることがあるようですが、その強度はあくまでも工場を出荷した直後の状態を言っていて、新品の場合の強度での話になります。私たちが重視するのは工場出荷時の強度ではなく、10年後、30年後、50年後、100年後の強度を重視します。接着剤により得られている強度が果して何年維持できるかは、何とも言えないところもあります。

また、天然の風合いは残していますが、無垢材と比べると同じようにというわけにはいきません。不自然な木目になったり、継ぎ目はどうしても見えてしまいます。

また、集成材に使用される接着剤は人工的な化学物質です。人工的な化学物質である以上、将来的に渡って絶対に有害物質ではないとは言えません。

当初は人に悪影響がないとされた成分が、後に発ガン性が認められたり、環境に対する悪影響が出てきたりということは、残念ながら珍しいことではありません。シックハウスのリスクを少しでも減らすためには、人工的な化学物質を使った部材を少しでも減らした方が良いと思います。

なにか、集成材の悪いところばかりになってしまいましたが、良いところもあります。
集成材は、木目を交互に貼り合わせることで、反りや変形が少なく、狂いが起きにくいという性質を持っています。無垢材は呼吸を続けある意味生きていますので、狂いが生じやすいのは事実です。集成材を使うと、床が空いてしまったり、柱が割れてしまったりというようなことは起きにくくなります。

無垢材を使う場合、私共プロは、木目や素性を見ながら、なるべく狂わない材料を使ったり、方向性などを考えて使用しているわけです。が、リスクはあると思います。

以上、無垢材と集成材のご説明をしてきました。

difference2

建物は、何十年も使用するものです。今だけを考えて購入することはたいへん危険です。

まず、耐久性・安全性を考えた時は、無垢材のほうが信頼性はあるでしょう。特に、子育てをして行く上では、なるべく化学物質のない空間の方が安心だと思います。
それに加えて、無垢材が作り出す空間の安らぎ感、ホンモノの質感等、無垢材をお薦めしたいと思います。

多少の狂い等が生じても、無垢だからと考えられるくらいの気持ちで、無垢材の住宅をお建てになってみてはいかがでしょうか。